電気工事職人の仕事内容や使用する工具を知ろう!やりがいを感じる瞬間 | ジョブケンワーク | JOBKEN WORK

電気工事職人の仕事内容や使用する工具を知ろう!やりがいを感じる瞬間

世の中を支えている「電気」は配線などの工事なしでは使うことができません。
電気工事職人は、人々が電気を使うために必要な配線やメンテナンス、機器の取り付けなどを行う専門家です。

本記事では、電気工事職人の仕事内容や使用する道具、やりがいを感じる瞬間などをご紹介します。

電気工事とは

電気工事とは、送電線や配電盤、電灯などの電気工作物の工事です。
工場、ビル、事務所、住宅などさまざまな建設物の屋内外電気設備の設計や施工を主に行います。


「電気工事士」の資格を持っていなくても、電気工事に携わることは可能です。
しかし、電気工事士の資格を持っていないとできない作業もあります。
そのため、長く電気工事に携わりたい場合は、「電気工事士」を取得することをおすすめします。


電気工事職人が使用する道具

電気工事職人が主に使用する道具についてご紹介します。


  • ペンチ

ケーブルの切断や動線、ネジ止めの際のわっか作りなどを行うための道具です。


  • ドライバー

ネジ締めや連用枠にコンセントやスイッチを取り付けるための道具です。


  • ナイフ

ケーブルの外装や絶縁被覆を剥くための道具です。


  • スケール

スケールは金属製のメジャーで、電線の長さを測定する際に用いられます。



電気工事職人の仕事内容

電気工事職人の仕事は主に「建設系」と「鉄道系」に分けられます。
ここでは、それぞれの仕事内容をご紹介します。


建設系

建設系は、建設物の屋内外電気設備の設計や施工を行う仕事です。
変電設備の配線や大型機器の制御回路のメンテナンス、建物のコンセントの取り付け、照明器具の取り付けや電球交換まで、さまざまな作業を行います。
電気工事は他の作業と並行して行われることも多く、通常はグループを作って共同で作業を行います。


鉄道系

電車に電気を送る架線、安全運行を支えるための電機システム、信号システム、踏切、電力を供給する発電所や変電所などの施工・保守作業を行います。
また、駅構内の周辺設備や配電道路工事の施工、自動改札装置なども対象です。
鉄道施設の電気工事を行うには、業者として多くの条件をクリアする必要があります。
そのため、参入する業者が限られているのが現状です。



電気工事職人の服装

電気工事職人は、基本的に作業着を着て作業を行います。
電気を扱うという特性上、なるべく肌を露出しない服装が良いとされています。
そのため、電気工事職人は原則、真夏でも長袖の作業着と安全靴で作業しています。
また、大きな電圧の設備やビルなどの電気工事では、感電事故を防止するための服装が必要とされています。
このようなときは、静電気帯電防止作業服を身に付ける場合もあります。



電気工事職人として働くやりがい

電気工事職人は、社会的意義の高い仕事だといえます。
現代社会では、電気がなければ多くの物事が滞ってしまいます。


たとえば災害時に停電が起これば、電車も動かず、テレビなども動かないため情報が得られません。
また真夏や真冬であればエアコンを動かせず、命の危険にさらされる可能性もあります。


電気を使う機器が増えたことにより、電気扱う電気工事職人の価値は上昇していると考えられています。
そのため、電気工事職人は将来性のある仕事といえるでしょう。
人々が特別電気を意識することなく、安全に使えているのは、電気工事職人のおかげです。
災害を防ぎ、人々の生活を支えるやりがいに満ちた仕事といえます。



電気工事職人は人々の生活を支える仕事

電気工事職人は、世の中に不可欠な電気を誰でも使えるようにする仕事です。
配線、メンテナンス、取り付けなど、電気に関するさまざまな作業を行います。
電気という人々の生活に欠かせないものに関する職人のため、やりがいを感じやすい職業といえるでしょう。